psyandcoの備忘録

うつの当事者。休職、退職を経て就労移行支援利用中。セルフモニタリングとWebマーケティングの勉強のため日々の雑感を記録したいと思います。

移動には新幹線と飛行機どっちがいいのか?

この一週間で広島と九州に行って来た。

 

両方とも新幹線を利用した。

 

どちらも片道4時間を超える。

 

正直そこまで苦では無かった。うつの方が良くなっているのかも知れない。

 

国内の移動だと新幹線と飛行機が考えられる。

 

距離が遠くなるほど飛行機が便利だ。

 

一般的には飛行機の料金が倍近くかかる。

 

格安航空券を使っても飛行機が割高なのは変わらないだろう。

 

まさしく時間をお金で買う。時は金なりの思考だ。

 

私は家が羽田にも成田にも遠かったので飛行機は滅多に利用しな買った。

 

例えば東京から小倉までなら30分も変わらない。バスやモノレールの時間を考えるとほぼ同じになってしまう。

 

それでも飛行機には憧れる。エコノミークラスの肩身の狭さには辟易するけど、なんとなくビジネスマン風で仕事をしているかになるのだ。

 

復職したら出張はあるのかなぁ?海外にも行ってみたいけど、薬は持ち込み可能なのかな?

 

こんなことをさ考えられるようになったのは、少しずつ社会との接点を増やして来たからかも知れない。

 

就労移行支援、治験への応募、お世話になった人への礼儀を尽くす。これらのことから逃げなかったから前向きになれたのかも知れない。

 

本当に恵みだ。

 

サプライズ!本当にあった嬉しい話。

一泊の予定で広島に行って来た。

 

アスリートのセミナーに参加するためだ。

 

そのついでに学生時代の友人に2人で会う予定になっていた。

 

セミナーが終わってシャワーを浴びて待ち合わせ場所に向かった。

 

久しぶりに再会した友人は元気そうだった。

 

話しながら歩いてお店に向かい、個室に入ると、、

 

なんとそこには同級生が2人待っていた!

 

同じクラスだった人たちだ。

 

私が広島に行く事を知っていたので、わざわざ東京からこのために来たらしい。

 

本当にびっくりした。そして嬉しくもあった。

 

もしかしたら私の対応に持て余した友人が助けを呼んだのかもしれない。

 

何はともあれ久しぶりに再会して、旅行や食事を楽しんだ。

 

みんな忙しいのによくやるなぁ。

 

俺もいつか復職できるかなぁ??

 

そんな事を思った週末だった。

 

感謝

 

いよいよrTMSが始まった。今のところの感想を書く。

「tms」の画像検索結果

rTMSの治験が始まった。

 

数百人に1人の倍率の選考をへて参加が決まってから1ヶ月経った。

 

MRIをはじめとする非常に綿密な予備検査、および期間を設けて始まったので信頼できるうつの診断と治療だと思う。

 

治療が始まって思ったことは、痛みを感じるのは筋肉ということだ。要するに脳には安全だ。

 

そして早くも効果を感じている。まず一週間続けると気持ちが前向きになってきた。わくわく感を感じたのは久しぶりだ。

 

次に本を読むスピードが上がった。このせいで久しぶりに勉強でもしてみようかと思ってしまうほどだ。

 

あとは視界がクリアに感じる。なんというか景色が色鮮やかに見えるのだ。スマホ疲れの目を回復させてくれる効果もあるのかもしれない。

 

このまま就労移行支援と両立して活動量を増やすとともに、うつを改善することで自信を回復していきたい。

 

逆に途方もない目標を立てないように気を付けたい。現実的に、着実にタスクをこなして自信をもって社会復帰するのが目標だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人暮らしはコインランドリーが便利。洗剤要らずで大容量の乾燥機も付いている。

コインランドリーが非常に便利なので使っている。

 

コインランドリー総合サイト LAUNDRICH(ランドリッチ)

 

引越してから洗濯機を処分したので、使わざるを得ない。

 

もちろん経済的に余裕が出てくれば、洗濯機を買うつもりだ。

 

それでもいざという時は近くにあると助かると思う。

 

私が使っているコインランドリーの感想を書いてみる。

 

 

洗濯は300円。乾燥機は100円

洗濯機は5〜7キロが多い。容量によって値段が100円くらい違う。しかも洗剤付きでこの値段だ。

 

一回300+100=400円として、月6回利用すると2400円。年間で3万円ほどだ。

 

同レベルの7キロの洗濯機と乾燥機を購入するとしたら、軽く10万円は超えてしまう。値段はピンキリなので一概には言えないけど。

 

もちろん水道、電気代は要らない。

 

こう考えるとコインランドリーが生きながらえているのが納得できる。

 

都心の住宅事情ならではのサービス 

 東京の一人暮らしといえばアパートという時代があった。

 

風呂なしという部屋も今では考えられないだろう。

 

なので銭湯の横にはかならずといっていいほどコインランドリーがあったのである。

 

いまでは銭湯の数は減少しているそうである。

 

しかしコインランドリーは生き残っているのが興味深い。

 

地域によってはまだまだ狭い部屋がのこっているのかもしれない。

 

とにかく便利で気兼ねしない

部屋おきの洗濯機だとあまり遅い時間だと住人に気を使う。

 

明日どうしても必要な場合もあるだろう。

 

また乾燥機機能付きだと乾燥中は当然洗濯はできない。

 

コインランドリーも24時間営業がある。

 

いつでも利用できるし、一人で複数の洗濯機を回すこともできる。

 

夜遅く帰宅する人、仕事が忙しくて洗濯物がたまってしまう人には本当に便利だ。

 

それでも人口にともなって減少していくのかもしれない。

 

東京などの一部の住宅密集地は細々と続いていくだろうけど。

 

 

 

引越しするのを機に光回線をやめてWiMAXを契約した。

この記事ではWiMAXについて書きます。

 

契約してみて今のところ満足しています。

 

どうやってプロバイダーを選んだとかも参考になれば幸いです。

 

 

一人暮らしに光回線は要らない 

これまで実家にいた時はソフトバンク光を使っていた。

 

料金は6,000円くらいだったはず。

 

最近は繋がりが悪くなってきていた。何故かは分からない。部屋が汚いせいかもしれない。

 

引越し先ではモバイルにしようと思ったので、いろいろ検討してWiMAXにした。

 

モバイルwi-fiかWiMAXか

いわゆるモバイル回線には3つのサービスがある。

  • WiMAX
  • Y!Mobile
  • Yahoo!Wi-Fi

これに各社のサービスプロバイダーがあって、値段が各々の違うからややこしい。

 

私はWiMAXにしようと思っていた。

 

何故なら将来的にauに乗り換えようと考えたからだ。

あるいわもっと安いのにしようと思っている。

 

その際にWiMAXの方が

  • まとめ割引サービスが充実している
  • 料金もわかりやすかった

が理由だ。

 

キャッシュバックは面倒くさい

比較サイトを見てみると、キャッシュバックなる言葉がチラホラ。

 

要するに通信会社の販売奨励金をプロバイダーがユーザーに還元しているわけだ。

 

これがかなりわかりにくい。こういうまやかしはソ○トバンクで懲り懲りなのだ。

 

なので月額料金が安いところにすると決めた。

 

初めてのセルフバック

お得なキャンペーン実施中!【So-net モバイル WiMAX 2+】

ブログを始めてアフィリエイトも始めた。もちろん今のところ収益は無い(笑)

 

なので初めての収益はセルフバックにする事にした。

 

いろいろ調べてSo-netに決めた。理由は

  • 月額料金
  • 約2年後に新モデルに交換無料
  • セルフバック金額

どの機種にするか

機種は2種類から選択することが出来る。

  • Huawei W05
  • NEC  WX05

私は最新モデルのWX05にした。

 

最新モデルは不具合が心配であったが、単純に見慣れた形のものを選んだ。

 

スペックなどは眉唾なので考えなかった。

 使ってみた感想

今のところ不満はない。通信料は上限なしだし、通信速度も光回線に比べて劣っているとは思わない。

 

そして月額は3,380円だ。

 

3,000円ちかいの節約に成功したわけである。

 

セット割りがなくなるので実質はもう少し少ないはずだ。

 

ただし三日間で10GBの制限があり、それを超過すると通信制限が課される。

 

クレードルは買ったほうがよい

クレードルは結構な値段がするので躊躇したが、キャッシュバックの4,000円を充てることにした。

 

充電するときに置き場に困るのは、iPhoneでも経験しているので買ってみて正解だったと思う。

 

それにクレードルに設置すると、自動的に通信が安定するモードに変換されるらしい。

 

家にいるときは作業が多いので、これは非常に便利かもしれない。

 

まとめ

  •  WiMAXの通信は光回線とそん色ない
  • 月額利用料を中心に、キャッシュバックの手間を考えて検討する
  • 機種は大差ない、買い替えコストを意識する

 

 

 

引越して1ヶ月後にまた引越した。料金はやっぱりよくわからない。

引越しの料金は本当に適当だ。

 

これはよく言われているが、今回引越ししてみて実感した。

 

私が騙されただけかもしれないが、やはり値切ることが大事だと思った。

 

前回はマンション内移転で48,000円だった。

 

その時の話はこちら

 

www.psy-and-co.com

 

今回は普通に引っ越したのに38,000円だった!

 

これにはいくつか理由があると思う。

 

まず荷物の量は前回の方が多い。

 

おそらくこの荷物量で割高になったのだろう。

 

しかしトラックできてはいたがトラック移動はないし。

 

完全に営業に騙された。他の見積もりもとったが対応が悪かったので諦めたのだが。

 

今回は再利用割引を使ったりして値切ったら,最初の見積もりから前回より安かった笑

 

一体これはどう言うことだろう。

 

次に電話見積もりか否かがあると思われる。

 

今回は面倒なので電話見積もりだった。

 

北海道のコルセンの田舎女だったが、

 

適当な仕事したので押しまくったら値引きしてくれた。

 

電話見積もりの方が、手間いらずでお互いにメリットがあるのかもしれない。

 

今回は時間が限られていたが、できるかぎり余裕をもって見積もりはとっておきたい。

引越し見積もりサイト

この日に引越したい…でもいくらになるの?
好きな日の料金をまとめて比較!
引越し侍の予約サービス

 

かしこいお引越し。
引越し屋

 

 【引越しラクっとNAVI】

一括見積はコチラをクリック  

LIFULL引越し見積もり

MRIを体験してきた

生まれて初めてMRI(Magnetic Resonance Imaging) を受けてきた。

MRIとは、磁気共鳴画像法(Magnetic Resonance Imaging)を略して呼ばれています。 MRI検査は、他の放射線科検査と違い放射線を使いませんので被ばくの心配はありません。 その代わりに大きな磁石と電波を使って体の内部情報を画像化して表示します。 1回の検査の中で何種類もの画像を撮影します。

引用:MRI検査のご案内|国立国際医療研究センター病院

 

結論を言うとかなりきつかった。およそ一時間検査を受けてきた。

 

検査中は身動きが取れないから身体が硬直してくる。

 

リラックスするのに苦労する。てゆうかとてもリラックスできる状況じゃない。

 

頭はしっかり固定するし、変なヘッドギア付けられるし。

 

鏡を使って視覚を確保してくれなかったら、呼吸困難で発作が起きていただろう。

 

とはいえ検査して異常がないか興味があったから、良い結果が出てくれるといいけど。

 

とうのも私は長年うつの治療を続けてきた。

 

その間どうして自分はこんな苦労をするのだろうと悩んできた。

 

神経症、対人恐怖症、発達障害、ADHD。いろいろな可能性を疑ってきたが大事なことを忘れていた気がする。

 

もっと単純な後天的な脳の疾患の可能性だ。

 

もしMRIを受けてみて脳や血管に異常が見つかったら、体の不調の原因かもしれない。

 

もし異常がなかったらそれはそれで安心できる。うつの治療に確信が持てるからだ。

 

そしてうつの最終解決策といわれるTMSに臨めばいいだけだ。

 

www.psy-and-co.com

 

それでもだめなら先天的な障害を疑えばいい。知能検査をうけるためにもうつ症状を緩和しないとうまく診断できないそうだ。

 

検査結果はすぐ聞けるはず。お楽しみはこれからだ。